田舎の鉄道模型ジオラマ

田舎

鉄道模型は、幅広い層に愛されている趣味です。それは単に走らせるだけではなく、ジオラマを導入することにより、臨場感を増すことができます。やはり線路や駅舎だけではリアルさに欠けるというものです。鉄道の車両にも豊富な種類が用意されており、それに応じて周囲の風景も変えるべきです。都会には都会の、そして田舎にはそれにふさわしい車両というものが存在します。それらを俯瞰的に眺めてこそ、鉄道模型といえるでしょう。

中にはジオラマを使って、自分の田舎を再現する人もいます。長年帰っていない故郷を偲びつつ、鉄道模型を懐かしい光景の中走らせるのも味わい深いものです。再開発によって失われた情景も、ジオラマならば鮮やかに蘇らせることができます。可能ならば手作りするのが一番ですが、今は田舎をテーマにしたセットもあるため、手軽で便利です。まずはこのような商品を購入して、少しずつ鉄道模型のある生活を充実させていきましょう。

ジオラマを含め、場所をとりがちな趣味ですから、家族の理解は必須です。だからこそ、我が子に自分の郷里を見せるといった理由付けがあることは、今後のことを考えても有利に働きます。大切な人と一緒に、鉄道模型の魅力を再確認していきましょう。

鉄道模型

鉄道模型ジオラマの工具

工具

鉄道模型を購入しジオラマを作る場合には、材料が必要であるとともに工具も重要になります。せっかくきれいに作ろうと思っても、工具がなければ雑な仕上がりになってしまう可能性が高いです。特に鉄道模型はサイズが小さく細かいところまで作り込みをしなければなりません。そこで、必要な道具をあらかじめ用意しておきましょう。

ただ、工具といってもただではありませんので、必要なものだけ購入するのが良いです。まず必要なものはカッターです。カッターがあれば、プラスチックを切る時だけでなく、山などを作る時にも役立つでしょう。

次にピンセットが必要です。細かい作業が必要な時にピンセットは非常に重要な役割を果たします。ジオラマそのものだけでなく、車両を改造する時などにも役に立つため一つは買っておいた方がよいです。

プラスチックを切るときにはニッパーが必要になります。カッターでもプラスチックを切ることができますが、バリが出てしまい見た目が悪くなるのが相場です。ですが、ニッパーを使うことで、細かい部分をきれいに表現することができます。結果的に満足度の高いジオラマに仕上がるでしょう。基本的にはこの3点があれば大抵のことには困りません。もしレールを固定する場合にはくぎを使いますので、金づちが必要になります。金づちはそれほど大きなものでなくてもかまいません。

駅 ジオラマ

ジオラマの製作費用は?

ジオラマ

ジオラマは鉄道模型をより楽しいものにしてくれます。気になるのはその費用です。製作にかかる費用は、どのようなものをどのような形で作るのかにより変わります。

山を作りたい時、模型店などで販売しているパーツを購入すれば、そのままジオラマの中に設置する事が出来ますが、発泡スチロールなどの材料を使って手作りで行えばコストもそれほど掛けずに製作する事が出来ます。

接着剤や塗料、サンドペーパーなどの消耗品はその都度使う事が出来ますし、工具類などは一度買い揃えておけばジオラマ製作をする時、メンテナンスを行う時など何度でも使う事が出来ます。

ジオラマの中に架線を設けたい時など、お店に行けば送電線に必要パーツや電柱などを買う事は可能です。電柱は木材などを加工して塗装を行えば実物そっくりの模型を作る事が出来ますし、ネットの中にはジオラマ製作のコツを教えてくれる便利なサイトもあります。

ちなみに、プラモデルの部品はランナーに付けてありますが、ランナーは送電線などの線を作る時にも便利なパーツで、ライターなどの火であぶりながら伸ばして行くと送電線のような線を作る事も出来ます。